ルミガンは医薬品


人気絶頂のルミガンですが、一つ覚えていて欲しいのがルミガンは医薬品ということです。 医薬品には、軽い副作用から重い副作用がつきものですが、ルミガンは目の周りに使用するということなので、危篤状態になる副作用はルミガンでは現在報告されていません。 ですが、ルミガンの副作用の報告の中に、下記のものがあげられています。注意して見ていきましょう。

    ・目の充血
    ・目のかゆみ
    ・目の周りの色素沈着
    ・目のゴロゴロ感

などがあげられています。心配なようでしたら眼科で治療を受ける際に、ルミガンを使用したと伝えてください。 そのほか、幼児、乳幼児の手の届かない1度から30度の室温でルミガンを保管するようにしてください。また、ルミガンを他の容器に入れ替えたり、ルミガンの容器に他のものを 入れて使用しないでくだい。薬品アレルギーの症状が出たことがあるかたや、眼内レンズ挿入眼、ヘルペスなどの症状がすでにおありの方は、ルミガンをご使用前に必ずかかりつけの医師とご相談ください。

ルミガンを頻繁に使用すると、ルミガン本来の治療薬としての効果が現れてしまいますので、1日一回を超えての使用はお控えください。ルミガンの容器を直接まつ毛にあてての使用などもお控えください。ルミガンは医薬品であるがゆえ、安全は保証されているものの、 間違った使用方法や、勝手な判断でルミガンを使用されるのはトラブルの元となります。 特に気おつけていただきたいのは、コンンタクトレンズトの使用です。ルミガンをコンタクトレンズを装着したまま使用せず、ルミガン付着前にはコンタクトレンズを外して使用し、15分以上経過してからコンタクトレンズを装着してください。注意:ルミガンの利用期限は2年間となっています。使用期限を超えたルミガンは、迷わず廃棄するようにしましょう。

医薬品ならでの、抜群の効果。ルミガンは口コミサイトなどでも5つ星級の、美しさを保つ最新医療薬品です。

ルミガンのまつ毛の育毛能力はというと、長さが25%、密度が6%、色の濃さが18%と、
約2ヶ月で80%以上の人に効果が現れたという、試験結果が報告されています。

医療品ルミガンのまつ毛の育毛剤としての効果は、まつ毛の美容液とは違った効果を表します。
ルミガンは、世界で初めてのまつ毛の育毛剤なのです。


※日本の厚生労働省にあたる機関

ルミガンってなぁに?